今日は天気が良くて気持ちいいですね。
というか、暑い!!夏か!?と叫びたくなる様な暑さですねー高知は暑いので。。
まあ、でも高知の特徴は、暑い=アツい!!なので人もエネルギッシュになるシーズン。よさこい・アウトドアスポーツなどなど、楽しみだ。

最近、リフォームの仕事での問い合わせで多い内容。

お客さん:「屋根を見て欲しいんですけど、、雨漏りが酷くて。」

僕 :わかりました。登ってみてみますね!

僕 :あー。これはひどい。。もっと早くに防げれば費用も抑えられたんですが。。

お客さん:そうなんですね。。

このやりとりが非常に多い!
でも、お客さんも定期的に屋根登ったりしないですから仕方のないことかもしれません。。

なので、該当する人は一度業者さんに見てもらいましょう!

・築年数が15年以上経っている

・カラーベストやコロニアルグラッサという屋根材を使用している

↑バブル時代に流行った屋根材です。
安い・工事期間短い・軽いので耐久性がいい
が売りですけど、これはダメですよね。10年持てばいい方ですよ。

・天井に雨染みがしている

天井に雨染みがするという事は屋根の下地も傷みがひどい場合もあります。
この屋根は劣化で、割れ・ズレがかなり見受けられますね。雨漏りもしますよ。。

上の様に瓦を丸ごと変えるとなると費用も高くなるんで、それまでに直すのが得策!!

今では、ガルバニウム合板の上貼りという画期的な工法もありますので、
費用も比較的安価に工事ができます。(既存の屋根材の上からガルバを張るので、廃材処分費や手間が
かからない)

家は大切な財産なのでね。