BLOG CONTENTS

空き家だけではない、空き賃貸物件が増える原因と対策とは

空き賃貸はただの負債でしかない、オーナー様も困り果てております

 

この問題は、かなり深刻に感じておりますね。最近、お話をさせて頂いている不動産屋の営業の方から教えてもらってます。

まあ、高知県は人口減が激しいのと若者がどんどん県外へ行ってますので難しい現状も理解できますが・・・

人は減り、賃貸物件は横ばいかもしくは増えているなら「生き残りをかけた戦国時代」のような時代に突入ということですね!!

でもどの業界においても同じですよね。厳しい世界ですm(__)m

参考までに、国が出してるデータを。

建築時期によって着工数を分けてます。

このグラフで僕が感じたことは、

昭和46年〜平成2年の賃貸物件は入居してるのか?!

ということ。つまり古くなった建物は古いままで、新しく建てられたアパートやハイツに顧客を取られてしまってるのでは?

 

であれば、方法は一つ。

古くなった賃貸物件のリノベーション

 

 

最近では、借り主が自由にDIYで部屋をアレンジできる物件も増えていて、人気だそうですよ!

しかしながら、オーナー様にとっても大きな問題が・・・

 

部屋が古くなって人が入らないのはとっくに分かっている!

部屋にお金が掛けられないから困っている!

 

これは切実な悩みですよね。

8部屋あるアパートを経営していたとして、1部屋あたり40万円の工事だとすると、320万円!

また、どこまで直せばいいのか分からない人も多くいます。水廻り交換・クロスやフローリングの張り替え・建具の交換など

言い出したらきりがない!!

アパート経営の難しいところですね。

建築業界は時代の変化・景気によって左右されやすい業界なので、今困り果てている人も多くいるはず。

 

そんな、オーナー様へ。

もう少し待っていて下さい。

 

成実でその問題が解決できるようなアイディアをご提案していきますね!

頭では「上手く回る仕組み」ができてきているので、あとは実現だけです( ´ ▽ ` )

 

楽しみにしておいて下さい。

 

 

関連記事一覧

  1. 楽天スマートペイ加盟店
PAGE TOP